良寛和尚の詩

良寛和尚の詩が書かれた襖

長善寺本堂には長善寺19世霊源南北和尚が書した襖があり、良寛和尚の【僧伽(そうぎゃ)】という長詩が書かれています。

僧伽

僧たるものの本来の在り方を説き、いまの世の堕落を説いた長詩。僧侶しての自らの戒語であるとともに後世子(後輩)への戒めであるという。

このページの先頭へ